全身脱毛の定義はサロンによって違う

夏になると気になるムダ毛。気温が上昇するにつれて洋服も薄着になり、露出度も高くなっていきムダ毛が顔を出す機会が増えます。夏以外にも、冬も厚手の洋服の下に隠れているとはいえ、ちょっと運動をすると熱くなり蒸れやニオイの原因になることも…。そうしたことからも、1年中、ムダ毛の処理をおこたることができないのです。ムダ毛の処理は定期的におこなわなくてはいけないので、なかなか大変。夏だけでなく冬場も油断できないのですから、今やムダ毛処理は年間を通しておこなう必須項目なのです。

 

そうしたことからも、街中や雑誌でも全身脱毛について常に目にするようになりました。最近では、部位別にちまちまとやるよりも、思い切って全身を一度にやるほうが増えているようです。全身脱毛では、ワキやすね、腕、足はもちろん、ビキニラインやへそ周り、お尻周りといったデリケートゾーンの脱毛までおこなわれます。サロンによっては、手足の指や甲に生えた毛の脱毛もおこなってくれます。ただ、できる範囲はサロンによって異なるので要注意。サロンによって全身脱毛の定義は曖昧なのです。


施術効果には個人差がある

エステサロンでは1回分の金額や本数などから、施術時間が決められてしまう事もあります。あまり体毛が濃くない、どちらかというと薄い人は早い段階で終わってしまうこともありますが、ムダ毛が濃かったり、しっかりと生えて抜けにくそうなムダ毛については、ちょっと時間がかかるものとなります。同じ金額を払っているのにもかかわらず、通常の半分程度の効果しか感じられないこともあり、追加での施術を勧められるといったことも…。思ったような効果が得られないと誰だった嫌なもので、途中解約してしまうことも少なくないのですが、これは体質によるものなので何とも言えません。ただ、プランなどをもう少し検討してみる必要があったとしか言えないのです。

 

さらに、早い効果を得るために、広範囲の脱毛ができる機種を使っているサロンもあります。今の脱毛機器はお肌に対しての安全性も高くなっていますが、それでもまったくダメージがないわけではありません。肌が弱い人は特に注意が必要ですから、最初は様子を見ながらやっていくのがいいです。早くきれいに脱毛したいから…なんて、肌にとって無理なやり方をすると、それが原因で皮膚疾患などのトラブルを引き起こしてしまう事もあります。そうなったらきれいな肌どころではありませんので、焦らず慎重におこなうようにしましょう。

 

全身脱毛をおこなう際には、事前にカウンセリングを受けます。そこで脱毛についての説明はもちろん、見積もりやリスクについてもしっかり把握・理解しておきます。ここで適当に聞いて契約してしまうと、後で後悔しないとも限らないのですから。


サロンのイメージはリサーチして確かめる

全身脱毛を考える人のほとんどが、これまでやったことがない未経験者。内情があまりよくわからないこともあって、興味はあるけどちょっと迷いがち。お金のことが気になるのはもちろんですが、安いと思って行ったらオプションなどで結構な金額になってしまった…なんてこともしばしば。クリームだスキンケアだといろいろな料金を追加させられてしまう…といったイメージもあり、なかなか来店にまで踏み切れないのです。

 

確かに、追加費用を請求してきたり、強引な勧誘をするサロンはあるようです。ですが、今はSNSなどの発達により、強引な勧誘や予想外の無茶な出費などは、すぐに広がって他のお客さんも来ない状態にしてしまいます。ですから、人気店や知名度が高いサロンではそうしたことはほとんどありませんので、不安ならある程度有名なところを選ぶようにするといいでしょう。

 

また、一番の策は徹底したリサーチです。ホームページだけでなく口コミなどもくまなく調べるようにしましょう。ある程度のリサーチをしていかないと、高い確率で失敗してしまいます。


カウンセリングの雰囲気に負けない

脱毛するサロンが決まったら、まずは予約をいれるようにします。脱毛サロンの場合では、ほぼ予約でおこないます。予約なしで来店しても、脱毛してもらえることはないと考えたほうがいいでしょう。また、予約して来店しても、初日は脱毛はしないでカウンセリングだけ…なんてところもありますので要注意。初日のカウンセリング後に施術もおこなうのか確認しましょう。

 

ちなみに、無料カウンセリングというのは意外と厄介。その内容はほとんど勧誘です。無料だからと気軽に行ったら、話の終わりに契約書が用意されていた…なんて怖い話もあるのです。その場の雰囲気に乗せられて契約し、数日後に熱が冷めて後悔した…なんてことにならないように、その場で契約するのではなく、いったん家に帰ってから考えるようにしましょう。もしくは、「勧誘をしません!」と宣言しているサロンを選んでもいいですね。

 

カウンセリングで気にいったら、いよいよ契約して脱毛開始です。脱毛は1回では終わりませんので、数回通うことになります。永久脱毛に近い形を希望するのであれば、最低でも2年は覚悟しなければいけません。気長に、じっくりと取り組んでいきましょう。

 


全身脱毛は何歳からできるの?

最近では多くの女性が脱毛サロンに通って、ムダ毛のない綺麗な肌を手に入れてますね。
では全身脱毛は何歳から始めることが出来るのでしょうか?

 

全身脱毛を始める年齢で多いのは、20代後半から30代前半にかけてです。
この年齢が多くなる理由は、全身脱毛にかかる費用とデリケートゾーンへのムダ毛への関心が高まるから、ということが言えます。
脱毛の費用については、脱毛サロン同士の価格競争や脱毛機器の進化によって昔よりはお値打ちになっていますが、
それでも月額での支払いをされている方も多い程、高額なものです。
20代後半からが、仕事を始めてある程度懐に余裕が出てくる年代なのかもしれません。
また生理の時や、水着を着た時にデリケートゾーンのムダ毛が気になるという女性も非常に多く、
全身をまとめて綺麗に出来る全身脱毛への大きな理由になりますね。

 

全身脱毛が完了するまで、個人差はありますが最低でも1年以上脱毛サロンに通うことになります。
早めに始めた方が、当然早めにムダ毛の自己処理をしないで済むようになるので、
カミソリや毛抜きによる肌への負担を減らすことが出来ます。
綺麗な肌環境を作るためにも若いうちからに始めたほうが良いですが、サロンによっては年齢制限設けているところもあります。
これは生理が始まる前などの成長途中で脱毛を行っても、脱毛効果が十分に得ることが出来ない可能性があるからです。
また未成年の脱毛については親権者の同意書が必要になることが多いので、注意してください。
一方でキッズコースを設けている脱毛サロンもあるので、親権者の方とよく相談して脱毛を行ってくださいね。

 

全身脱毛は脱毛サロンによって始めることが出来る年齢に差があります。
サロンによっては10代半ばから始めることも可能ですが、
しっかりとした脱毛効果を得るためには20歳頃から始めるのが一番おすすめです。
成長過程がひと段落した20歳頃ですと、十分に脱毛効果を得ることが出来ますし、
生理の周期も比較的安定してくる頃かと思うので脱毛計画も建てやすいですよ。


全身脱毛するのにベストな季節は?

全身脱毛を始めるのに一番良い時期があることをご存知ですか?

 

ムダ毛が気になる季節と言えば、肌の露出が増える春から夏にかけてですよね。
この時期になると多くの女性が日々のムダ毛処理に嫌気がさして、全身脱毛を考えるようになります。
という事はこの時期の脱毛サロンは、いち早くムダ毛をなくしたいと考えている女性達で混雑しています。
脱毛予約がなかなか取れなかったり、
はじめのカウンセリングですら人気の状態で、希望日時が空いていないことも多くあります。
せっかく脱毛をはじめても予約が取れなければ意味がないですよね。

 

春夏に全身脱毛を行うデメリットは他にもあります。
この時期は、日差しが強く油断するとすぐに日焼けをしてしまうような環境なので、
毎朝しっかりと日焼け止めを塗っても汗で取れてしまったりして、
日焼け対策をちゃんとされている方でも知らないうちに肌が黒くなる、なんてこともあります。
この日焼けは脱毛をする上では大敵です。
脱毛サロンでの脱毛方法の多くは光脱毛という、色の濃い色素に光を反応させて脱毛効果を出しています。
日焼けをした状態の肌で脱毛行為を行うと、光が過敏に反応してしまい、
強い痛みを感じたり火傷に繋がる恐れがあります。また、脱毛効果も十分に得ることが出来ません。
よって日焼けをしてしまう可能性の高い春夏に全身脱毛を始めることは、あまりおすすめではありません。

 

では逆に秋から冬にかけての寒い季節に全身脱毛を始めるのは良いのでしょうか?
肌を露出する機会が少なく、スカートを履く時でもタイツがあれば肌を隠すことが出来るので、
正直あまりムダ毛が気にならない時期です。
ということは脱毛サロンは比較的空いています。
そして多くの脱毛サロンでキャンペーンをよく行っている時期でもあるので、
通常よりもお値打ちに全身脱毛を受けることが出来ます。
また、全身脱毛は効果を感じるまでに何度も通う必要があるので、
冬のうちから始めると次の年の夏には脱毛効果を実感することが出来ますよ。
ただ寒い時期は肌が乾燥しやすいので、お風呂上がりにはクリームを塗るなど保湿をしっかり行うようにしてください。
これは肌が乾燥していると脱毛時の刺激が強いため、脱毛を断られる可能性があるからです。

 

毎日の肌ケアをしっかりと行って、秋から冬の時期に全身脱毛をはじめてみてはいかかですか?


全身脱毛のデメリットとは?

全身脱毛を行うにあたってのデメリットをご紹介します。
まず全身脱毛を考えたときに、どこの脱毛サロンでやろうかとても悩まれると思います。
脱毛サロンによってプランの違い、費用の違い、保証の違いなど様々な差があるからです。
なので脱毛に興味を持ってからどこのサロンで脱毛を行うか決めるまで、自分で口コミを調べたり、
実際に脱毛に通っている友達に聞いてみたりなど、かなりの労力と時間を使うことになります。
選択肢が多ければ多いほどお忙しい方にとっては、デメリットのひとつになりますね。

 

また全身脱毛を行うためには、高額な費用が必要になります。
最近では脱毛サロンが増えて価格競争が起きているので、
数年前よりはお値打ちにはなっていますが、10万円以上かかるサロンがほとんどです。
そのため、月払いなどを利用して負担を減らしている方も多くいらっしゃいます。
安定した収入がないと月払いの計画を建てることも難しいので、大きなデメリットになります。

 

そして全身脱毛を始めてから、ムダ毛が気にならなくなるまでどれぐらいの時間が必要になると思いますか?
脱毛サロンでの脱毛方法は、基本的に毛周期というものに合わせて行います。
この毛周期というのは毛の生えるサイクルのことで、
脱毛サロンでの光脱毛は今生えている毛に対して脱毛効果を出します。
数ヶ月後には新たな毛が生えてくるので、再度施術をおこなう必要があり、
その為には2〜3ヶ月に一度の頻度で脱毛サロンに通うことになります。
これを少なくても8回以上繰り返すことなるので、順調に通っても1年以上はかかってしまいます。
また脱毛する部分によっては10回以上施術をおこなってもまだ気になる、なんてこともあります。
個人差はありますが、全身脱毛は完了までにとても時間がかかってしまいます。

 

このように全身脱毛には多くのデメリットがあります。
これから全身脱毛を始めようかな、とお考えの方は
全身がつるつるになるというメリットだけでなく、デメリットも合わせてよく検討するようにしてくださいね。


全身脱毛のメリットは?

最近ではテレビCMなどで脱毛サロンの存在が身近になってきて、既に脱毛サロンに通われている方も多いかもしれませんが、
皆が時間とお金をかけて全身脱毛を行うメリットとは、どのようなものでしょうか?

 

まず全身脱毛をおこなう為には、約10万円以上の費用がかかります。
これだけ見ると高いと思われるかもしれませんが、
ひざ下・ワキ・ひじ下などパーツごとで分けて脱毛を行うよりもはるかにお値打ちです。
サロンによってはワキの脱毛が数百円から出来るキャンペーンを行っていたりして、
脱毛サロンへの入り口のハードルを低くしていますが、一か所脱毛を行うと必然と他のパーツの脱毛へも興味が湧きます。
そして後から追加で他のパーツも脱毛を行う方が少なくありません。
この様に気になるパーツをどんどん追加して脱毛を行うよりも、
初めから全身脱毛を行った方が時間の短縮にもなりますし、おすすめですよ。

 

そして全身脱毛を行う一番のメリットは自己処理の必要がなくなる、という点です。
元々自己処理が面倒だから全身脱毛を行う方がほとんどだと思いますが、
毎日のように行っていたムダ毛処理がなくなるということは思っている以上に楽です。
また明日水着を着ることになった!となっても焦る必要がありません。
更に良いことは、自己処理による肌ダメージをなくすことが出来るということです。
カミソリや毛抜きを使用して行うムダ毛処理は、少なからず肌を痛めます。
毛穴を広げてしまったり、肌が乾燥してしまう原因にもなるので
全身脱毛を行って綺麗な肌環境をつくってあげてくださいね。

 

他にも全身脱毛を行うと、デリケートゾーンが衛生的に保つことが出来たり、
毛穴が閉じて肌が綺麗になるというメリットもあります。
脱毛サロンによっては美肌効果のある脱毛機器を使用しているところもあって、
全身脱毛にはメリットがとても多いです。
みなさんも良いことばかりの全身脱毛をはじめて、全身ツルツルの綺麗なお肌を手に入れましょう!


全身脱毛する時どんな服装でサロンに行くべき?

全身脱毛を行う時には当然脱毛サロンで肌を出すことになるので
どのような服装で行くべきか悩む方もいらっしゃるかもしれませんね。
基本的には決められた服装はないので、サロンからも服装について特別何か言われることはありません。
ただ、全身脱毛を行う際には着替えをすることになるので、着替えがスムーズに出来る服装が良いです。
例えば、肌に密着したタイトジーンズよりもゆったりとしたフレアスカートの方が早く楽に着替えることが出来ますし、
背中にジッパーがあって着る時に一苦労するような服よりも、パーカーの方がスムーズです。
混雑している時期や時間帯などは、
着替えの時間が十分に取れないこともあるので特に注意した方が良いですね。

 

そして、普段ネックレスやピアスなどアクセサリーをされている方も多いと思いますが、
脱毛を行う時は、必要以上のアクセサリーは着けて行かない方が良いです。
全身脱毛を行う際には、施術の妨げになるのでアクセサリー類はすべて外します。
サロンによってはアクセサリーを置く場所を用意してあるところもありますが、
一度外してしまうと紛失の原因になりますし、うっかり着けることを忘れて帰ってしまうこともあります。
もし脱毛後に用事などがあって絶対に必要な場合、
脱毛サロンに行く際には、自分のアクセサリーポーチなどに入れて持って行くようにした方がおすすめですよ。

 

また、脱毛後の肌は熱がこもっているため、
痒みなどの肌トラブルが比較的起こりやすい状態になっています。
締め付け感のあるタイツや、レギンスなどはなるべく避けましょう。
そして体のなかの熱を逃がすために、
通気性のあるレーヨンなどの素材を使用した服の方が脱毛後の肌には適しています。

 

基本的に服装に決まりはないですが、
上記のことを少し意識するだけで肌トラブルを回避出来たりなど、自分にとって良いことがたくさんあります。
最後になりますが脱毛の大敵である紫外線対策は絶対に忘れないように、
夏に脱毛サロンに行く時には露出を控えた服装で行って綺麗な肌環境を作ってあげてくださいね。


全身脱毛って副作用あるの?

全身のムダ毛が減って自己処理の必要がなくなる全身脱毛には、メリットがたくさんあります。
しかしその反面副作用が起きる可能性があるので、詳しくご紹介します。

 

脱毛サロンで行われる光脱毛という脱毛方法は、
脱毛部分に光を当てて、生えている毛にダメージを与えることによって脱毛効果を出していて、
この光が火傷を引き起こす原因になることがあります。
通常では火傷防止のために体を冷やすためのジェルを塗って肌を守っていますが、
光が強すぎたり、肌が乾燥していたりして万全な状態でないと火傷になる可能性が高くなります。
光の強さについては、脱毛回数を重ねることで強くなっていくことが通常ですが、
強くなる=肌への刺激が大きくなるので痛みを感じやすくなります。
逆に光が弱すぎると、十分な脱毛効果が得られないこともあるので
サロンの担当者と相談しながら決めるようにしてください。
肌の状態については、普段からボディオイルやクリームなどを使用して保湿をしてあげると良いです。
乾燥がひどいと脱毛が出来ない場合もあるので、注意してくださいね。

 

また、脱毛の副作用として毛嚢炎というニキビに似た症状が出る場合もあります。
脱毛時には毛根へダメージを与えますが、同時に毛穴にもダメージがあります。
そのダメージを受けた毛穴に細菌が入ると化膿して毛嚢炎になるのです。
特に下着による通気性の低下や、蒸れが原因でデリケートゾーンにこのような症状が起きてしまうことが多いです。
ニキビのように数日で症状がおさまることが大半ですが、長引く場合は病院で正しい治療を受けて、
サロンの担当者にも伝えるようにしましょう。

 

元々毛には汗を吸収したり、蒸発させる役割を持っているので、
脱毛をすることによって脱毛前よりも汗の量が気になる方もいらっしゃいます。
脱毛によって汗が増えるわけではありませんが、ワキ汗などはどうしても気になりますよね。
通気性の良い服を着たり、汗が目立たない色の服を着たりして対応するしかありませんが、
汗を吸ってくれるパットなどを上手に活用してみることも良いですね。
カウンセリングの際にテスト照射をしてくれるサロンもあるので、
自分の肌の状態を見ながら、安心安全な全身脱毛をするようにしてください。

 

 

エステとクリニックの違い

美容に関係する施設というと、一般的にエステサロンと、美容外科や美容皮膚科などに代表されるクリニックがあります。このエステサロンとクリニックの違いはどのようなものなのでしょうか。まず、エステサロンというのは、美容技術を提供するもので、使用できる美容器具に制限があるという特徴があります。一方、クリニックというのは医師が居て、診断を行った後に医療行為として美容技術を提供する為、医療器具をしようすることができるという違いがあります。この美容器具と医療器具の違いは、出力などの差で、一般的に医療器具の方が出力が高く、美容効果に関しても高いと言われています。クリニックでの美容技術の提供は診療行為ではありますが、自由診療扱いになるため健康保険を使用することは一般的にはできません。エステサロンの場合は医師法に違反しない範囲内で美容技術を提供するため、ヤケドや発疹などのトラブルにたいして速やかに対応をすることはできませんが、クリニックは対応可能です。一般的にエステサロンの方がクリニックよりも安価だと言われています。

 

 

ビキニライン脱毛の範囲は?

昨年くらいから、デリケートゾーンの脱毛が変ってゆき、お店によっては、“ハイジニーナ”脱毛コースを扱うようになり、ビキニライン、アイライン、オーラインの脱毛が、1度にできるようになりました。ただ、皮膚が弱く、技術的にも難しい部分なので、初めから扱わないお店もあり、デリケートゾーンの脱毛をしたい場合は、予めお店の方に確認した方が良いですね。そして、このデリケートゾーンの中で、一番入りやすい部分として、ビキニラインを選択する人がいますが、この部分の脱毛範囲は、どこまでの部分を指すのでしょうか?正確な部分は把握できませんが、大まかにいいますと、小さな水着や下着から、はみ出した毛の部分を脱毛します。なので、全体的にツルツルにするわけではなく、下の部分の毛を残してはいるんですね。ただ、ビキニラインの脱毛の場合は、基本的に生理の時は施術ができないので、次の脱毛の予約するのに、日にちを決めるのは難しく、周期が不規則な人ですと、予想よりも時間が掛りそうな感じがします。また、初めてビキニラインの脱毛する時は、女性のスタッフでもお肌を見せるのには、恥ずかしいと感じますが、同性なので慣れれば気にはしなくなるのかと思います。

 

 

顔のムダ毛はどう脱毛する?

脱毛の中で難しい箇所といえば、意外と顔なのです。脱毛専用のお店でできる部分は、口周り、鼻の下、顎のライン、もみあげ、頬、額ですね。これらの部分は、お店によって内容が違いますので、利用する前には、脱毛することができるのか、確認することをおススメします。また、皮膚が敏感で痛みを感じやすい部分なので、お店によっては。輪ゴムが弾かれる程度の痛みを感じることがあるかも知れません。ただ、お店やスタッフの腕、慣れてしまえば痛みを感じることがないので、痛いのが苦手な人でも、最初は痛みに我慢をして欲しいです。顔の脱毛の場合は、他の体のパーツとは違い、ムダ毛の質が柔らかく、短いです。また、人によっては毛の色が薄い人もいますので、そうなりますと光脱毛で行うには、機器がムダ毛に反応しにくく、脱毛効果がなかなか表れない人もでてきます。そうなりますと、脱毛回数が増えてくることもありますが、顔の場合は回数ごとにお肌の色が白く変化してゆき、お肌の状態が良くなるケースもあります。美肌効果を狙っていましたら、終了するまでキッチリと脱毛してもいいですし、それほど効果が感じなくても、脱毛する前と比べましたら、お肌の状態が違っていることもありますので、1度体験してみたい人は、キャンベーンなどの割引を活かして、体験をしてみて下さい。

 


更新履歴